HAKUSAN OPEN

報告者:AZUMINO GRAPHITE DESIGN 小林あか里

大会名: HAKUSAN OPEN 2013/10/11-13
日 時:2013年10月13日(日)
バイク:GRAPHITE DESIGN DOKKE XC S
サスペンション:FOX32F100テラロジック15QR
ヘルメット:LAZER SPHERE
チームジャージ:PEARL IZUMI

コース:3.2km×1周
コンディション:ウエット+ドライ
天気:曇り

結果: 3位
レポート:今回のレースは自分なりに良いレースが出来たと思います。
スタートダッシュはもう少しギアをかけて行っても良かったのかな、と思いました。
しかし、その後の急な上り坂で4位から一気に2位に出られて良かったです。
 その後の下り坂で1位に追いつきましたが、ゲレンデの次の上りで離され、
後続の選手に追いつかれ、3位になってしまいました。
 今回の失敗は全力で走ることができなかったことと、もっとがんばれば、という後悔を
残してしまったことです。
 それでも、シングルトラックの「どろどろ」では、しっかり踏み込むことができ、
平らなところはロードの踏み方をするように気をつけることができました。
 途中クラッシュはしましたが、最後までなんとか3位を守ることができて良かったです。
 これからもロードでたくさん練習して、もっともっと強くなり、母を抜かせるぐらいになりたいと思いました。
 今シーズンはこれで終わってしまいましたが、来シーズンに向けてしっかりがんばって
行きたいです。これからもよろしくお願いします。
 たくさんの応援をありがとうございました。

131013_akari_02.jpg
photo by M.Kobayashi
スポンサーサイト



2013年JCF/MTBジャパンシリーズイン石川

報告者:AZUMINO FOX GRAPHITE DESIGN 氏名:小林可奈子

大会名:2013年JCF/MTBジャパンシリーズイン石川/白山一里野温泉大会 J1FINAL:XCO#5
日 時:2013年10月13日(日曜日)
バイク:GRAPHITE DESIGN DOKKE XC S
サスペンション:FOX32F100テラロジック15QR
ヘルメット:LAZER SPHERE
チームジャージ:PEARL IZUMI

コース:4100m×5周
コンディション:ウエット~ドライ
天気:曇り 

結果: 優勝(タイム1:30:36.69)2位中込 3位末政

レポート:
試合の2日前、白山周辺は異常な暑さが続いていると聞いていた。
ところが会場入りした土曜日は朝から酷い雨。サスペンションのセッティングやタイヤのチョイスをもう一度検討した。
 コース前半にはバイクを押さなければならないほどぬかるんでいるポイントがあったが、これといって難しいセクションがある訳ではない。
コースは横に長く、標高差は少ないものの、ゲレンデの2回の登りはきつく、後半のペース管理が決めてであると予想された。後半の森の中は、スピードを乗せた上りと、リズムを欠くことのないスムースな走りが必要だった。
 参加選手は7名。非常に少ない女子のレースシーン。私は最後尾でスタート位置に立った。
 レースがスタートしてすぐ、全日本チャンピオンの中込選手の後ろにつける。
この日のコンディションはライン取りがかなり重要、慎重にラインを選びながら進む。私はスタートしてから数百メートルの下りのアスファルト区間で中込選手の前に出る形になり、ぬかるんだセクションでは、逆に私が脚を滑らせ交わされた。
 久しぶりにどろんこレースで、吐く息遣いもいつもより激しかった。冷たい空気が肺を苦しめる。2年前の石川県のレースで初めて経験した喘息の息苦しさ、「もしかしたら」
そんな不安がよぎっていた。
 年齢を重ねると、体力的には辛いことが多くなる。しかし、こういうレースの場合には、経験で培った冷静な判断がとても重要。中込選手よりMTBでは少しキャリアの長い私は、どろんこレースではほんの少しアドバンテージがあるはず、そう心を沈めてどんな失敗も慌てずに乗り切った。
3周目が終わり、4周目に入るときのラップタイムを確認したとき、ぐっと勝利が近づいてきたと思った。これまでレースの後半のスタミナ不足が大きな課題であった自分が、7月の全日本選手権からラップタイムの落ちないレース運びができるようになっていた。2月の怪我でスタートこそ遅れたものの、確実に良い仕上がりぶりだった。
 最後まで、「レースは魔物」であることを忘れず、慎重にレースを運んだ。
ゴール前のカーブを曲がったとき、大好きな曲「NEVER SAY NEVER」が頭の中に流れた。
長く、ずいぶん遠いゴールだったように思える。
 体中が熱くなった。今まで経験したことのない愛おしい気持ち。
家族、仲間、温かく見守ってくださってきたGDRの鈴木さん、FOX RACING SHOXの大島さん、LAZERマルイの安達さん、パールイズミの皆さん、そして会場で声を張り上げて応援してくださった大勢の方たち、感謝の気持ちでいっぱいになった。
 そして共にレースを走った選手、レースに関わる多くの方々、私がこんなに幸せな気持ちになれたのは、皆さんがいてくださったから。
 ありがとうございました。そして私はまた新しい夢を持って走り続けます。

131013_03.jpg
photo by A.Hashimoto/M.Okano

2013 ジャパンシリーズ石川 -小林可奈子表彰台スピーチ-

待ちに待った小林可奈子の優勝!表彰台でのスピーチです。
改めてレースレポートを掲載致しますので、暫くお待ち下さい。

20131013-155026 from mk1 on Vimeo.

全国小学生・中学生マウンテンバイク大会:山口莉佳

報告者:AZUMINO GRAPHITE DESIGN 山口莉佳

大会名: 第12回全国小学生・中学生マウンテンバイク大会
日 時:2013年8月4日(日曜日)
バイク:GRAPHITE DESIGN DOKKE XC S
サスペンション:FOX32F100テラロジック15QR
ヘルメット:LAZER SPHERE
チームジャージ:PEARL IZUMI

コ ー ス:2.1㎞x3周
コンディションほぼドライ・一部マッド 
天気:晴れ

結果: 2位

レポート:
私は小学5年の部に出場しました。
今回のコースは直ぐに急な坂に入るので、そこまではなんとしてでも、出来るだけ前に行こうと考えていました。
スタート直後、前の選手が転び出遅れてしまいましたが、ひとつでも前へ行くようにスピードを上げて走りました。
でも、やはり渋滞にはまり、先頭から出遅れてしまいました。
いかにスタート直後の位置取りが大事かというのが分かりました。
自分は2番を走っていることが分かっていたので、前に追いつくように意識して走りました。2周目の真ん中あたりの登り坂で、先頭をとらえることが出来ましたが、次の登り坂ですぐにまた離されてしまいました。
体力がなくなって、足が動かなくなってしまったような感じがしました。
次は、体力をつけて追いついても離されないように頑張り、1位をとりたいです。

たくさんのご声援ありがとうございました。

Y_Watanabe_sanosaka_rika.jpg
photo by Y.Watanabe

全国小学生・中学生マウンテンバイク大会:小林あか里

報告者:AZUMINO GRAPHITE DESIGN 小林あか里

大会名: 第12回全国小学生・中学生マウンテンバイク大会白馬さのさか
日 時:2014年8月4日(日)
バイク:GRAPHITE DESIGN DOKKE XC S
サスペンション:FOX32F100テラロジック15QR
ヘルメット:LAZER SPHERE
チームジャージ:PEARL IZUMI

コ ー ス:3.5km×2周 
天気:くもり
コンディション:
ほぼドライ。ジープロード中心のスピードコース。
前半ジープロード中心のハイスピード、後半シングルトラックの
テクニカルセクションあり

結果: 3位

レポート:
今までこの大会では1位でいましたが、今回のレースは3位でした。
昨年3位だった選手に抜かれ、北海道のチームの選手に抜かれました。
レース初めはまだまだいける、と思っていましたが、後半疲れが出たようで、
足が廻らなくなりました。自分の練習不足を感じました。他の選手が足を廻して
いくところで、私は足を引っ張られている感じでした。
くやしくて泣けてしまったけれど、この悔しさをばねに来年こそは優勝できるように
練習を重ねたいと思います。

応援してくださったみなさま、ありがとうございました。

KK_sanosaka_akari.jpg
photo by K.Konishi
プロフィール

adventjapan

Author:adventjapan
写真左より 小林あか里 山口莉佳 小西碧。
3人の女子小中学生MTBerで結成されたチーム、
AZUMINO GRAPHITE DESIGNです。
強く、明るく、楽しく走れる様に頑張りますので、応援お願い致します!

MTBクラブ安曇野

監督:小林可奈子ブログ

MTBクラブ安曇野 Facebook ページを開設致しました。
『いいね!』お願い致します
FB
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
スポンサー


GDR


パールイズミ


LAZER

QRコード
QR